株式会社エウレカ 株式会社エウレカでは、カメラ缶やラジカセ缶などのユニークでわくわくするようなアイテムを多数生み出しています。クリスマス・バレンタインなどのイベントシーズンに特化した商品の開発・輸出入も行っております。卸販売も承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

【私が影響を受けたおすすめ本①】60選 ~はじめに~

なぜ読書に関するブログを書いてみようと思ったのか

 

いつも生活の近くに本がありました。

学生時代に読んだ本、就職して仕事の勉強のために読んだビジネス書、東京の会社に転職して引っ越した後通勤電車の中で読んだ本、仕事の都合で頻繁に海外出張するようになり、飛行機やホテルで読んだ本。

私が何かの答えやヒントを求めて本を探すと、必ずと言っていいほど望んでいた本が見つかりました。

 

そこで、これまでに読んだ本の中でとりわけ心に残っているものを取り上げ、紹介するためのブログをまとめようと決めました。                                             

 

 

最近新刊の書店やBOOKOFFに行って、本棚をのぞくと、私の好きな著者の本が少なくなり、絶滅寸前の状態になっています。

既に亡くなられている方も多いので、仕方ない事だと思います。

しかし、新刊の書店だけでなく、BOOKOFFでも少ないとなると、本当に全滅するのは時間の問題ではないかと感じます。

 

私ごときのブログでは、影響力がない事はわかっているのですが、自分で創業した会社のホームページで、自分の好きな本を紹介する、というのもまったく意味がないわけではないだろうと考えました。まとめ出すと意外に大変で苦しいのですが、楽しい作業でもありました。このブログによって、少しでも多くの人に読み継いでほしいと思っています。                                                      

 

この機会にと思い、自宅の本棚の整理をしました。

大学時代に買った本は、もう40年以上経っています。

その間、岡山→神奈川→新潟→神奈川と移動し、計8回引っ越しをしました。

88回というと、そう多くないと思われるかもしれませんが、私の引っ越しは20代に集中しています。

 

22歳~29歳の7年間で、都合8回引っ越しをしました。

その度に古くカビ臭くなった本を処分して来ました。

自分の子供の成長に伴って子ども部屋が必要となり、家での自分のスペースが狭くなる中で何とか家族の許可をもらい、嫌がられながらも間借りして置き続けて来た本です。

 

 

ただ、今まで出会った本の中でどの本を取り上げるかを考えたとき、既に処分してしまって手元にない本が多い事に気づきました。

若いころに読んだ本は既に何十年も前に出版された本ですし、ちゃんと揃えられるのか心配でした。

やはり自宅近くの新刊の書店やBOOKOFFには並んでいない本が大半でしたが、最後にネットで検索すると全て揃える事が出来ました。

このブログを書くことを機に、改めてネットの便利さ、すごさを感じました。

 

 

最後に書き留めておきたい事があります。エウレカを立ち上げる時、<何を強みにして競争に勝てばいいか?>について熟考しました。

その答えは、<自分の知識・経験を土台にして、徹底して差別化した商品を作り出していく。>というものでした。

いるのは私一人だけのお金もない、信用もない、何もないところからのスタートですから、自分の思考力を頼りにするしかありません。

知的に勝つ方法を考え抜くしかないんだ、という結論ですが、この思考力の基礎になっているのが、これから紹介する本である事は、間違いありません。

どんな本でもいいので、自分の礎になるような本と出合う事がすごく大事だと思います。

 

 

おすすめ本60冊を4期に分けてご紹介

このブログでは、私の年齢に沿って4期に分け、内1~3期で影響を受けた本をご紹介したいと思っています。

 

また本の選考は完全に私の独断と偏見によるもので、何か信頼できる情報を元に選んだわけではありません。

ですが、ここで紹介する本は間違いなく私のよりどころになってくれた本であるのは確かです。

 

                   

第1期 18~24歳(大学~社会人としてスタートしたB社営業職時代)


<図体がでかいだけの完全に子供だった時期>

          

・大学時代Tさんから教えられ、初めて文化的なものを知り、

 文化的なものに強いあこがれを持った頃                           

・自己中心的な甘ったれだったことに気づく前の子供時代                                       

・読んだジャンル:純文学、SF、エッセイ

 

 

第2期 24歳~29歳(B社本社勤務~転職したN社)


<公私ともに子供から大人になるよう迫られた時期>

          

・B社社長から教えてもらった、ビジネスで必須の知識が身に付く本                                     

・B社で徹底的に叩き直された甘い考え方                                       

・結婚して家族ができ、プライベートでも大人にならないといけなくなった頃                           

・読んだジャンル:ビジネス書、教養書  

 

 

第3期 30歳~50歳(N社・W社)


<本で学んだ事を徐々にビジネスの現場で実践できるようになった時期>

          

・仕事で成果を出す事にだけに集中し、トゲトゲ尖っていた頃・管理職には不適格だと自信を失った時期                

・もっと大人にならないといけないと痛感した時期

・独立して会社を立ち上げる夢を持った時期              

・読んだジャンル:歴史・時代小説、ノンフィクション

 

                                                    

第4期 51歳~現在(起業したエウレカ)


<本から離れてしまった時期・もう一度読み直そうと思った時期>

          

・52歳で起業して読書する余裕がなくなり、完全に仕事だけになった。

・55歳くらいから老眼ではなく白内障によって文字が見にくくなり、読書から離れた時期。                

・白内障の手術を受け、入れたレンズのおかげで文字が見えるようになった59歳。              

・持っている本を整理して、読みたい本をもう一度読み直そうと決め、現在に至る。

・この時期に新しく紹介できる本はありません。

 

                                                      

                                            

次回は1期18~24歳(大学~社会人としてスタートしたB社営業職時代)>

大学から入社したての時期の若いときに読んだ本をご紹介します。

 

 

▼第1期はこちらから!

【私が影響を受けた本】おすすめ60選 第1期 18~23歳(大学~社会人としてスタートしたB社新入社員時代)

 

ご興味あればお付き合いください。

 

 

関連情報

ギフト用おしゃれなお菓子の専門店|株式会社エウレカ

株式会社エウレカ

株式会社エウレカでは、ハロウィン・クリスマス・バレンタインなどのイベントシーズンに
特化した商品の開発・輸出入を行っております。パーティーやギフトにおすすめのカメラ缶、
キャニスター缶を始め、アドベントカレンダーなど、わくわくするようなアイテムを
多数生み出しています。卸販売も承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

屋号 株式会社エウレカ
住所 〒254-0042
神奈川県平塚市明石町16-7-501
営業時間 平日10:00-17:00
定休日 : 土日祝日
代表者名 上田 友彦(ウエダ トモヒコ)
E-mail info@eureka-biz.com

コメントは受け付けていません。

特集

株式会社エウレカ 株式会社エウレカでは、カメラ缶やラジカセ缶などのユニークでわくわくするようなアイテムを多数生み出しています。クリスマス・バレンタインなどのイベントシーズンに特化した商品の開発・輸出入も行っております。卸販売も承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

〒254-0042
神奈川県平塚市明石町23-23-1502

0463-23-9739

0463-23-9739

平日10:00-17:00
定休日:土日祝日

SNS